iphone修理

名古屋でiPhone修理になってしまった際の注意点

赤と白のiphone

iPhoneは修理の際に唯一携帯電話会社で、その場で修理対応が出来ない機種である。理由はさまざまあるが、ここでは実際に修理になってしまった際の注意点について私が知ってる範囲で書き記しておきたい。まずは、修理になった際はどこに持っていくのか、自分自身が住んでいる場所にAppleショップがあるならば、そこに持参か、またはアップルが認めた正規代理店に持参して修理にするかになる。
ここでの問題は、そのどちらも自宅近くに無い場合、自分自身で調べて正規代理店以外に持参して修理になる。iPhoneの保証サービスのアップルケアに加入しているかどうかも大事になってくる。アップルケアに加入していれば、Appleショップまたは、アップルが認めた正規代理店で修理の際に、保証で直せるか調べてにはなるがアップルケアが適応になれば修理費用が抑える事ができる。
正規代理店以外の場合は、そこのお店に行く前にアップルケアが適応できるか聞いてから行かなければならないが大抵が適応が難しく修理費用がそのまま支払いになる。また、どこで修理にだしても基本的には、携帯が手元に戻ってきた際はデーターは何も残ってない。修理の対応に入る前に説明がある店舗がほとんどだが、修理に出す前にバックアップも自己責任でとらないといけない。ここが一番大事だと私は思う。

名古屋で手帳型ケースに入れたiPhone修理

iphoneをいじる女性

iPhone4s、iPhone5sと、水濡れはしたものの、基本的に画面が割れることも高温になって火傷もすることもなく、無難に使っていました。そして、iPhone7で、電車にもタッチで乗れるようになる便利さからここまで乗り換えてきました。今までは学生で親のお金で買っていたので頓着なかったのですが、自分のお金で買った初めてのiPhoneとなったので、大切に使いたいと思い、手帳型のiPhoneケース3000円のと超頑丈衝撃に強いと謳っていたフィルムを購入した日に即買いすぐさまつけて利用しました。手帳型にしたのはデザインが可愛買ったというのに加えて…

新着情報

2017年04月26日
名古屋のiPhone修理についてご紹介を追加しました。
2017年04月26日
名古屋でiPhone修理になってしまった際の注意点を追加しました。
2017年04月26日
名古屋で落とした時のiPhone修理を追加しました。
2017年04月26日
名古屋で手帳型ケースに入れたiPhone修理を追加しました。